お客様サポート

JARS-2000 技術情報 ()

  • 製品情報
  • ダウンロード情報

※()内の数字は技術情報数

  • 全般
すべて開く
サポートを依頼する場合、どのような情報が必要ですか。
お問い合わせ時には、下記情報を送付ください。
・機器ご利用のユーザ名
・受信機管理番号
・受信機識別子(MACアドレス)
・事象内容
・事象発生日時
・受信機動作ログ
・受信機エラーログ
・緊急情報履歴
・同報無線自動起動機動作ログ
・同報無線自動起動機エラーログ
・システム設定ファイル
GUIアクセスをするためのIPアドレスを教えてください。
出荷時、初期IPアドレスは「192.168.1.1」に設定されています。
STATUS1 LEDの意味を教えてください。
アプリケーションの正常状態を表し、ヘルスチェックが正常な場合点灯します。
STATUS2 LEDの意味を教えてください。
ハードウェアやOSの稼働が正常な場合、点滅します。
ALARM1 LEDの意味を教えてください。
衛星受信部の異常状態を表し、解析処理部がエラーの場合に点灯します
ALARM2 LEDの意味を教えてください。
地上系回線の異常状態を表し、地上系回線がエラーの場合に点灯します。
ALARM3 LEDの意味を教えてください。
装置内部の異常状態を表し、解析処理部のアプリケーションでエラーが発生した場合に点灯します。
ALARM4 LEDの意味を教えてください。
外部接続機器の異常状態を表し、外部インタフェースでエラーが発生した場合に点灯します。
ALARM5 LEDの意味を教えてください。
解析処理部の異常状態を表し、システムに関するエラーの場合に点灯します。
ALARM6 LEDの意味を教えてください。
予備(2017/3月時点未使用のため、点灯しません)
ALARM7 LEDの意味を教えてください。
解析処理部の異常状態を表し、システムに関するエラーの場合に点灯します。
受信機を停止する場合、電源スイッチをOFFにしても問題ありませんか。
受信機を停止する場合は、必ずGUIの[受信機の受信機停止/再起動]画面より操作を行ってください。詳細については、JARS-2000取扱説明書「本装置の電源OFFに関して」を参照ください。
GUIより受信機へアクセスできない場合、機器を正常に停止する方法はありますか。
1. SSHで受信機にログインして、コマンド実行で受信機を停止(実行コマンドの詳細はJARS-2000 保守・運用向けユーザマニュアルを参照ください)
2. UPSの電源断で受信機を停止(受信機と対象のUPSが接続されている場合、UPSの商用電源を遮断する事によりシャットダウン信号が受信機に送信されます)
3. リセットスイッチ(LEDパネル右端のRESET)の押下(リセットスイッチ押下で再起動後、GUIより受信機停止の操作を行ってください)
但し、受信機の状態にも依存しますので、上記の方法は受信機の停止を保障するものではありません。上記の方法で受信機が停止できない場合は、サポートデスクにご連絡ください。
受信機の停止等を行っていないにも関わらずブラウザーに受信機との通信が切断された内容のウィンドウが表示されます。どのような事が考えられますか。
受信機と操作PC間の通信経路上(回線/ケーブル/スイッチ/ルータ等)に問題がないか確認ください。
受信機と回転灯との通信(ポートを含む)が可能な状態で回転灯との接続が復旧しない場合、どのような事が考えられますか。
回転灯の設定の問題が考えられます。
例えば、パトライト社 PHN-3FBシリーズでは、回転灯側にてネットワーク切断前の接続セッションが有効として扱われ、通信復旧後のアクセスを別セッションと判断し、切断してしまいます。
このような場合は、回転灯の「接続切替」設定を”切替あり”(有効化)にして確認ください。
現在LGWAN回線を使用していますが、インターネット回線に変更する事は可能ですか。
インターネット回線を利用する事は可能です。
ファームウェア更新時に、受信機の再起動を伴いますか。
ファームウェア更新時は、受信機の再起動が発生します。
受信機を操作するための動作環境を教えてください。
受信機を操作するために下記PCのOSとブラウザーを用意する必要があります。(2020年1月14日現在)
・Windows7:IE11
・Windows8.1:IE11
・Windows10:Edge
JARS-2000 保守・運用向けユーザマニュアルはどこから入手できますか。
弊社ダウンロードページからダウンロード可能です。ただし、ダウンロードページにアクセスするためには、ユーザー名とパスワードが必要です。ユーザー名とパスワードをお持ちでない場合は、サポートデスクまでご連絡ください。
受信機ソフトウェア操作説明書はどこから入手できますか。
受信機ソフトウェア操作説明書は、消防庁が作成し配布を行っていますので消防庁までお問い合わせください。

目的別メニュー

製品購入後のお問い合わせ

サポートデスク
電話サポート 0422-37-8926
電話での対応は以下の時間帯で行います。 月曜日 ~ 金曜日 10:00 - 17:00 ただし、国の定める祝祭日、弊社の定める年末年始は除きます。
メールサポート
E-mail: support@centurysys.co.jp
FAXサポート 0422-55-3373
メール、FAX は 毎日24 時間受け付けております。 ただし、システムのメンテナンスやビルの電源点検のため停止する場合があります。 その際は弊社ホームページ等にて事前にご連絡いたします。

修理のお問い合わせ

修理サービス
  • 修理サービス

FutureNetシリーズでは修理サービスを行い安心のサポートを行います。

製品購入前のお問い合わせ

  • 製品購入前のお問い合わせ
  • 安心サービス

技術情報

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet NXR-G110シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
産業用PoEスイッチ
セキュリティアプライアンス
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet FAシリーズ
産業用PoEスイッチ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FL-net製品
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
産業用PoEスイッチ
サポート終了製品

ルータ機能別

ネットワーク
PPPoE/モバイル
IPv4/IPv6
Ethernet/VLAN
NAT/UPnP
ネットイベント/VRRP
FastForwarding
QoS
DNS/DDNS/DNSインターセプト
無線LAN
LXC
WiMAX
Ethernet/VLAN/ブリッジ
全般
ルーティングプロトコル
RIP
OSPF
ポリシーベースルーティング
VPN
IPsec
L2TPv3
GRE/IPinIP
セキュリティ
フィルタ
Web認証
P2P検出
運用管理
CLI/GUI
DHCP
SNMP
シスログ
NTP
スケジュール
WarpLink
Wake ON LAN
REST-API
省電力
全般
FutureNet製品活用ガイド
設定例
製品の設定例を集めています
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ