FutureNet

ASシリーズ

運用管理

7. 機種の確認

7.1 AS-250/KL Rev1とRev2の確認

FutureNet AS-250/KLには内蔵している通信モジュールによって、Rev1とRev2があります。

(☞) Rev1とRev2ではファームウェアが異なりますので、ご注意下さい。

 

AS-250/KL Rev1は通信モジュールにKYM11を内蔵し、筐体底のシールの本体機器名には「AS-250/KL」と記載されています。

AS-250/KL Rev2は通信モジュールにKYM12を内蔵し、筐体底のシールの本体機器名には「AS-250/KL Rev2」と記載されています。

 

また、Rev1とRev2は以下の方法でも確認することができます。

 

【 実行例 】

<Telnet画面上で確認>
> show module

実行結果の”ProductName”が KYM11の場合はAS-250/KL Rev1、KYM12の場合はAS-250/KL Rev2となります。

 

<Web管理画面上で確認>

[ホーム]-[情報表示]-[通信モジュール情報]をクリックして、通信モジュール情報画面を開きます。

[モジュール識別情報]の”ProductName”が KYM11の場合はAS-250/KL Rev1、KYM12の場合はAS-250/KL Rev2となります。

←前のページ

次のページ→