FutureNet

NXR,WXRシリーズ

IPsec編

5. 冗長化設定

冗長化設定一覧

5-1. Route Based IPsec冗長化設定(IPsec同時接続)

センタ側(ルータ2台,WAN各1回線)、拠点側(ルータ1台,WAN1回線)という構成で冗長化する設定例です。メインのVPN回線障害時は自動的にバックアップのVPN回線に切り替えて通信を継続できます。またセンタ側ではVRRPを利用しルータの機器障害にも対応します。

 

5-2. Route Based IPsec冗長化設定(ネットイベントの利用)

センタ側(ルータ2台,WAN各1回線)、拠点側(ルータ1台,WAN1回線)という構成で冗長化する設定例です。メインのVPN回線障害時はネットイベント機能で自動的にバックアップのVPN回線を接続して通信を継続できます。またセンタ側ではVRRPを利用しルータの機器障害にも対応します。

 

5-3. Route Based IPsec冗長化設定(バックアップポリシーの利用)

センタ側(ルータ2台,WAN各1回線)、拠点側(ルータ1台,WAN1回線)という構成で冗長化する設定例です。メインのVPN回線障害時はバックアップポリシー機能で自動的にバックアップのVPN回線を接続して通信を継続できます。またセンタ側ではVRRPを利用しルータの機器障害にも対応します。

 

5-4. Route Based IPsec冗長化設定(BGPの利用)

センタ側(ルータ2台,WAN各1回線)、拠点側(ルータ1台,WAN2回線)という構成で冗長化する設定例です。メイン経路でBGP4を使用しメインのVPN回線障害時はネットイベント機能で自動的にバックアップのWANおよびVPN回線を接続して通信を継続できます。またセンタ側ではVRRPを利用しルータの機器障害にも対応します。

 

5-5. Route Based IPsec冗長化設定(local policy changeの利用)

センタ側(ルータ1台,WAN1回線)、拠点側(ルータ1台,WAN2回線)という構成で冗長化する設定例です。メインのVPN回線障害時はネットイベント機能で自動的にバックアップのWANおよびVPN回線を接続して通信を継続できます。