FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LANインタフェース編

4. ブリッジ設定

4-4. ブリッジインタフェース設定(仮想スイッチ対応機種)

2つ以上のEthernetインタフェースをブリッジする設定例です。なおこの設定例は仮想スイッチ機能対応機種を対象としています。

 

コンテンツ
構成図 設定フロー 設定例 設定例解説 端末の設定例 補足 付録

【対象機種】NXR-G200シリーズ,VXRシリーズ

 

【 構成図 】

【 設定フロー 】

fnw_lan_br_4_flow_nxr

【 設定例 】

nxrg240#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg240(config)#interface bridge 0
nxrg240(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg240(config-bridge)#exit
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#no ip address
nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 1
nxrg240(config-if)#exit
nxrg240(config)#interface ethernet 1
nxrg240(config-if)#no ip address
nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 2
nxrg240(config-if)#exit
nxrg240(config)#exit
nxrg240#save config

【 設定例解説 】

1. <bridge0インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface bridge 0
nxrg240(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24

bridge0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <ethernet0インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#no ip address

ethernet0インタフェースのIPアドレスを無効にします。

nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 1

ブリッジグループを設定します。
(☞) ブリッジグループの番号はbridgeインタフェースの番号と同一のものを設定します。またポートはブリッジグループ内でユニークなものを設定する必要があります。

 

3. <ethernet1インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface ethernet 1
nxrg240(config-if)#no ip address

ethernet1インタフェースのIPアドレスを無効にします。

nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 2

ブリッジグループを設定します。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0

 

【 補足 】

ブリッジインタフェース(仮想スイッチ対応機種)でフィルタを使用する場合は、NAT・フィルタ編の[フィルタ設定]-[フローリスト設定]をご参照ください。

 

【 付録 】