FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LANインタフェース編

1. インタフェース設定

1-2. セカンダリアドレス設定

1つのインタフェースに複数のIPv4アドレスを設定するセカンダリアドレスの設定例です。これを利用することで、運用用と管理用のIPアドレスを1つのインタフェースに設定することができます。

 

コンテンツ
構成図 設定フロー 設定例 設定例解説 端末の設定例 付録

 

【 構成図 】

 

【 設定フロー 】

 

【 設定例 】

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg100(config-if)#ip address 172.16.10.1/24 secondary
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.20.1/24
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#fast-forwarding enable
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

 

【 設定例解説 】

1. <ethernet0インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxrg100(config-if)#ip address 172.16.10.1/24 secondary

ethernet0インタフェースのセカンダリIPアドレスを設定します。

 

2. <ethernet1インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.20.1/24

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <ファストフォワーディング設定>
nxrg100(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。ファストフォワーディングを有効にすることでパケット転送を高速に処理することができます。
(☞) ファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、NXR,WXRシリーズのユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

【 端末の設定例 】

192.168.10.0/24 172.16.10.0/24 192.168.20.0/24
IPアドレス 192.168.10.100 172.16.10.100 192.168.20.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1 172.16.10.1 192.168.20.1

 

【 付録 】