FutureNet

NXR,WXRシリーズ

VXRシリーズ編

1. KVM環境でのセットアップとライセンス更新

1-2. ライセンスの更新

この例では、トライアルライセンスからプロダクトライセンスへの更新などライセンスの更新方法について説明します。ライセンスの更新はCLIから入力して行う方法とSSHによるファイル転送で行う方法があります。

 

【 実行例 】

〔CLIからライセンスキーを入力する〕

1. <ライセンスキーの入力>
vxr-x64#install license input
Escape character is ‘;’.
Enter the license key:
[ライセンスキー];

発行されたプロダクトライセンスを入力します。
(☞) ライセンスキーの最後に「;」を入力する必要があります。

 

2. <ライセンスキーの登録>
License is correct. Proceed with restart? [y/n]: y
% Install license succeed, and restarting…

ライセンスキーが正しければ再起動の実行について問われます。

指定 動作
y ライセンスキーを登録し、再起動します。
n ライセンスキーの登録を中止します。

 

〔SSHでライセンスキーファイルを転送する〕

1. <ライセンスキーファイルの転送>
vxr-x64#install license file ssh://[ユーザ名]@[SSHサーバアドレス]/[ライセンスキーファイル名]
[ユーザ名]@[SSHサーバアドレス]’s password:

SSHサーバ上にあるライセンスキーファイルをダウンロードします。この時SSHサーバのIPアドレスとともにログイン用のユーザ名を合わせて指定します。コマンド実行後、SSHサーバへのログイン用パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力します。ログイン後、ライセンスファイルのダウンロードを開始します。

 

2. <ライセンスキーの登録>
License is correct. Proceed with restart? [y/n]: y
% Install license succeed, and restarting…

ライセンスキーが正しければ再起動の実行について問われます。

指定 動作
y ライセンスキーを登録し、再起動します。
n ライセンスキーの登録を中止します。