FutureNet

NXR,WXRシリーズ

VXRシリーズ編

3. Microsoft AzureでのVXR-x64のセットアップとライセンス更新

3-1. Microsoft AzureでのVXR-x64セットアップ(リソースグループと仮想ネットワークの作成)

この例では、Microsoft Azure(以下Azure)上でVXR-x64(以下VXR)を利用するための準備としてリソースグループと仮想ネットワークの作成を行います。

(☞) この例は2020年10月時点において弊社で確認を行い、その検証結果を元に作成しております。よって将来にわたって全てのお客様環境での動作を保証するものではありません。また今後の仕様変更によって内容等変更になる場合があります。

※Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

 

【 リソースグループと仮想ネットワークの作成 】

1. <リソースグループと仮想ネットワークを作成する前に>

リソースグループと仮想ネットワークを作成する前に、この例ではリソースで使用する各パラメータおよび名前を以下のように定義します。

この例では以下の設定で作成します。

パラメータ 設定値
リソースグループ rg-vxr
リージョン 東日本
仮想ネットワーク名 vnet-vxr
仮想ネットワークアドレス 10.0.0.0/16
サブネット名(eth0) vnet-eth0
サブネット(eth0)アドレス範囲 10.0.0.0/24

 

2. <リソースグループの作成>

Azureポータルにログイン後、左上にあるハンバーガーメニューのアイコンをクリックし、「リソース グループ」をクリックします。

azure_rg_select

「リソース グループ」で「+追加」をクリックします。

azure_rg_add

リソース グループの作成画面で以下を設定します。

  • リソースグループ:rg-vxr
  • リージョン:東日本

設定後、「確認および作成」をクリックし、さらに「作成」をクリックします。

azure_rg_edit

 

3. <仮想ネットワークの作成>

Azureポータルの左上にあるハンバーガーメニューのアイコンをクリックし、「仮想ネットワーク」をクリックします。

azure_vnet_select

「仮想ネットワーク」で「+追加」をクリックします。

azure_vnet_add

仮想ネットワークの作成画面で以下を設定します。

  • リソースグループ:rg-vxr
  • 名前:vnet-vxr
  • 地域:東日本

設定後、「次:IPアドレス」をクリックします。

azure_vnet_edit_basic

続いてサブネット名「default」をクリックします。

azure_vnet_edit_addr_default

「サブネット名」を「vnet-eth0」に変更し、「保存」をクリックします。

azure_vnet_edit_addr_subnet_edit

設定後、「確認および作成」をクリックし、さらに「作成」をクリックします。

azure_vnet_edit_addr_vnet-eth0