1. ホーム
  2. IoT導入事例
  3. 工事車横取り装置監視システム(東急テクノシステム株式会社 様)

IoT導入事例

工事車横取り装置監視システム

東急テクノシステム株式会社 様

【導入機器・サービス】
Linuxマイクロアプライアンスサーバ FutureNet MA-E300シリーズ
M2Mソリューション WarpLink M2Mクラウド

 

図_1

 

線路の「工事車横取り装置」の状況を監視するシステムです。

各種センサーで取得したデータをクラウド上で閲覧でき、異常時にはアラートメールの送信も可能です。

IoTゲートウェイとしてFutureNet MA-E350/NLを、クラウドとしてWarpLink M2M クラウドをご利用頂いております。

 

 

  • ・各種センサーで取得したデータをPLC経由で、蓄積・加工し、IoT/M2MゲートウェイFutureNetMA-E350/NLで送信します。
  • ・WarpLink M2Mクラウドで、近接センサー、リミットスイッチのデータから、装置の定位/反位をサマリー画面に表示します。
  • ・温度センサー、アナログセンサーのデータも併せて蓄積し、装置やセンサーの状況を総合的に解析しWarpLink M2Mクラウドの機能により、アラートメールの設定も簡易に可能です。

 

 

 

MA-E350/NL 及び PLC 設置ボックス

図_2

 

 

 

WarpLink M2M クラウドの表示例

図_3

 

IoT導入事例

導入事例
街頭防犯カメラシステム
建設現場クレーン安全管理システム
冠水対策システム(スイシル)
LED表示機遠隔操作システム
(SiLEDシステム)
施設園芸特化 環境測定システム
(プロファインダー クラウド)
工事車横取り装置監視システム
牛向けウェアラブルデバイス
(Farmnote Color)
M2Mシステム開発
マイクロサーバ開発者用サイトはこちら!
マイクロサーバ開発者用サイトはこちら!
マイクロサーバ開発者用
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ