FutureNet

ASシリーズ

他製品との連携

4. CMS-1300との連携

4.5 CMS-1300を利用した設定の更新と一時読込

CMS-1300を利用したASシリーズの設定の更新や設定の一時読込を行う設定例です。CMS-1300に登録した各機器の設定ファイルを使用して行います。

CMS-1300を利用するために、CMS-1300との接続設定が必要となります。

【対象ファームウェア】ファームウェア 2.6.0以降

 

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 0 192.168.254.254 icmp * ipcp 0
nat 1 192.168.254.254 tcp telnet ipcp 2323
nat 2 192.168.254.254 tcp 2222 ipcp 0
nat 3 192.168.254.254 tcp www ipcp 8080
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example

cms activate on
cms server [CMS-1300のIPアドレス]
cms tenant [テナントコード]
cms code [機器コード]

 

【 設定例解説 】

CMS-1300との接続設定
cms activate on

CMS-1300接続機能を有効にします。

 

cms server [CMS-1300のIPアドレス]

接続するCMS-1300のIPアドレスを設定します。

 

cms tenant [テナントコード]

テナントコードを設定します。

 

cms code [機器コード]

機器コードを設定します。

 

(☞) 上記の設定例では、インターネット上の不特定多数の機器がAS-250にアクセスできます。セキュリティ強化のため、AS-250はフィルタとNATの設定例を参考にアクセスできる機器を制限してください。

 

【 設定の更新 】

設定の更新は、TelnetでASシリーズにログイン後、下記の制御コマンドを実行します。

config load cms [ラベル] permanent

[ラベル]は、CMS-1300上にある該当設定ファイルのラベルを指定します。

上記コマンドを実行すると、CMS-1300から該当ラベルの設定ファイルを読み込み、読み込んだ設定ファイルの内容で再起動します。読み込んだ設定は永続化します。

デフォルト指定されている設定ファイルを読み込んで設定の更新を行う場合は、[ラベル]に”default”を指定します。

config load cms default permanent

 

【 設定の一時読込 】

設定の一時的な読み込みは、TelnetでASシリーズにログイン後、下記の制御コマンドを実行します(引数”permanent”を省略します)。

config load cms [ラベル]

[ラベル]は、CMS-1300上にある該当設定ファイルのラベルを指定します。

[ラベル]を省略した場合は、デフォルト指定されている設定ファイルを読み込みます。

上記コマンドを実行すると、CMS-1300から該当ラベルの設定ファイルを読み込み、読み込んだ設定ファイルの内容で再起動します。読み込んだ設定は”reboot”コマンドによる再起動や電源OFF/ONで失われ、元の設定で起動します。設定を永続化させるためには、”copy config”コマンドを実行するか、”restart”コマンドによる再起動で設定を保存します。

 

【 補足:CMS-1300 の設定】

CMS-1300の設定については、下記ページ内にある下記の章をそれぞれご参照ください。

2. テナントの作成と機器の登録

2-2. 製品名の登録

2-3. 接続機器の登録

6. 管理対象機器のコンフィグの登録・更新設定

6-1. コンフィグの登録とデフォルトコンフィグの指定

 

←前のページ

次のページ→