ダウンロード

FutureNet NXR-G260/G260/L

※バージョン番号中の「A」はリビジョンナンバーで、一般的にテスト用ソフトウェアで用いられるα版、β版という意味ではありません。

ファームウェアVer9.3.0(2017/5/17)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. DNSインターセプト機能に対応しました。

仕様変更・追加

  1. ポリシーベースルーティング機能
    • 1-1. route-mapでmatch markに対応しました。
  2. フィルタ/ACL機能
    • 2-1. web-auth access-listでFQDNに対応しました。
  3. モバイル機能
    • 3-1. PPP通信量制限機能を追加しました。
    • 3-2. 内蔵LTE通信モジュールのファームウェアアップデート機能に対応しました。(NXR-G260/Lのみ)

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. IPsec機能
    • 1-1. IKEv2でNATトラバーサル(以下NAT-T)利用時にNAT-Tクライアント側のIPアドレスが変更になった場合、変更後のESPパケットを受信するとIKEv2サービスが落ちる不具合を修正しました。
  2. モバイル機能
    • 2-1. termination-recovery resetに失敗する不具合を修正しました。
  3. トンネルインタフェース
    • 3-1. no tunnel pre-fragment設定時、pre-fragment動作になってしまう不具合を修正しました。
  4. システム
    • 4-1. ファームウェアアップデート時、サーバをFQDN指定でかつsourceをIPv6指定した場合、失敗する不具合を修正しました。
    • 4-2. 差分コンフィグの際、適用失敗したコマンドのうち最後に投入したコマンドしかエラー表示されない不具合を修正しました。
    • 4-3. 差分コンフィグの際、適用失敗したコマンドエラー情報がbootlogに出力されてしまう不具合を修正しました。
    • 4-4. flash-initial-configから起動した際、コンフィグをstartup-configにコピーできない不具合を修正しました。
  5. LXC機能
    • 5-1. 複数のvethインタフェースを利用している場合、LXC内でシステム停止/再起動を実行するとvethインタフェースがなくなる不具合を修正しました。
    • 5-2. 複数のvethインタフェースを利用している場合、bridge-groupにvethをjoinさせている状態でLXCの再起動を行うとコンテナ-ブリッジ間で通信ができない不具合を修正しました。

制限事項

  1. 設定復帰時に動作中のコンフィグを指定した場合、以下の制限があります。
    - l2tpv3 netevent設定と使用するtrackを同時に追加することはできません。

ファームウェアVer9.2.5(2017/4/24)リリース

このバージョンでは、以下の不具合修正をおこないました。

新規機能

このバージョンでは、新規機能はありません。

仕様変更・追加

このバージョンでは、仕様変更・追加はありません。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. モバイル機能(NXR-G260のみ)
    • 1-1. USB0ポートに接続されたモバイル通信端末のリセットができない不具合を修正しました。

制限事項

  1. 設定復帰時に動作中のコンフィグを指定した場合、以下の制限があります。
    - l2tpv3 netevent設定と使用するtrackを同時に追加することはできません。

ファームウェアVer9.2.4(2017/3/31)リリース

このバージョンでは、以下の仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

このバージョンでは、新規機能はありません。

仕様変更・追加

  1. WarpLink SPS機能
    • 1-1. IIJモバイルを利用したゼロコンフィグレーション機能に対応しました。
  2. Netconf機能
    • 2-1. CMS-1200およびWarpLink CMSから管理できるようになりました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. L2TPv3機能
    • 1-1. L2RPが有効な状態でセッションの削除を行うとサービスが停止することがある不具合を修正しました。
  2. モバイル機能(NXR-G260/Lの内蔵LTE通信モジュールのみ)
    • 2-1. PPP切断時、SMSを受信することができない不具合を修正しました。
    • 2-2. RSSI/SINRの閾値超えが発生した際、SMS/メール/SNMPトラップが送信されない不具合を修正しました。
  3. システム
    • 3-1. show ssh-public-keyの表示が一部正しくない不具合を修正しました。
  4. IPsec機能
    • 4-1. IPsec利用時にシステムが再起動してしまう場合がある不具合を修正しました。

制限事項

  1. 設定復帰時に動作中のコンフィグを指定した場合、以下の制限があります。
    - l2tpv3 netevent設定と使用するtrackを同時に追加することはできません。

ファームウェアVer9.2.3A(2017/3/24)リリース

このバージョンでは、以下の仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

このバージョンでは、新規機能はありません。

仕様変更・追加

  1. NAT機能
    • 1-1. NAT環境でSNMPv2によるCounter64のシンタックスを持つOIDへのアクセスができるようになりました。
  2. Web認証機能
    • 2-1. 外部認証に対応しました。
  3. DHCPサーバ機能
    • 3-1. DHCPサーバを動作させるEthernetインタフェースのIPアドレス変更時、自動でDHCPサーバを再起動するようにしました。
  4. システム
    • 4-1. 現状動作中のコンフィグへの復帰(以下差分コンフィグ)時、証明書などのファイルのインポートができるようになりました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. UPnP機能
    • 1-1. Windows PC上から「ネットワーク」を開くとDebian routerと表示される不具合を修正しました。
  2. PPP機能
    • 2-1. GUIでのPPPアカウント設定において、PPPのパスワードが反映されない不具合を修正しました。
  3. モバイル機能(NXR-G260/Lの内蔵LTE通信モジュールのみ)
    • 3-1. PPP切断後、ペンディングされていたスケジュールによるモバイルリセットが実行されないことがある不具合を修正しました。
    • 3-2. モバイルリセットを繰り返すと内蔵LTE通信モジュールが認識できなくなる場合がある不具合を修正しました。
  4. システム
    • 4-1. 複数のコンテナを実行中、restart/shutdown lxc XXを行うとすべてのコンテナが再起動またはshutdownする不具合を修正しました。
    • 4-2. 差分コンフィグの際、ipsec x509 private-keyでhidden有効の場合、正しくパスワードが設定できない不具合を修正しました。
    • 4-3. 差分コンフィグの際、ssh public-keyを無効にするコンフィグをインポートするとエラーとなる不具合を修正しました。
    • 4-4. 差分コンフィグの際、スケジュール設定でアクションのみが異なる場合に差分検出ができない不具合を修正しました。
  5. シスログ機能
    • 5-1. システムメッセージが出力されない不具合を修正しました。
  6. Web認証機能
    • 6-1. 転送時のencrypt処理でエラーになる場合がある不具合を修正しました。

制限事項

  1. 設定復帰時に動作中のコンフィグを指定した場合、以下の制限があります。
    - l2tpv3 netevent設定と使用するtrackを同時に追加することはできません。

ファームウェアVer9.2.2(2017/2/16)リリース

このバージョンでは、以下の不具合修正をおこないました。

新規機能

このバージョンでは、新規機能はありません。

仕様変更・追加

このバージョンでは、仕様変更・追加はありません。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. Ethernet
    • 1-1. SFPインタフェースの通信にてパケットロスが発生する不具合を修正しました。
  2. システム
    • 2-1. Firmware check official実行時、不要なメッセージが出力される不具合を修正しました。
    • 2-2. 起動後STATUS LED1が緑点灯しない不具合を修正しました。
    • 2-3. 差分コンフィグ実行時、wlan radius attribute設定の変更を行うと「Temporarily error」となる不具合を修正しました。
    • 2-4. m2mモード時、ethernetが1000Mでリンクしてしまう不具合を修正しました。

制限事項

  1. 設定復帰時に動作中のコンフィグを指定した場合、以下の制限があります。
    -ファイルをインポートするコマンド(ex. IPsec証明書など)では、設定の追加はできません。 削除のみ可能です。
    また削除した場合、rollback revertによる復帰もできません。
    - l2tpv3 netevent設定と使用するtrackを同時に追加することはできません。
  2. GUIのPPP/モバイルアカウント設定にて、パスワードに設定した値が反映されません。
    PPPの設定はCLIをご使用ください。
    ※詳細な設定は[WANインタフェース編]をご参照ください。

製品

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
FutureNet SEILシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
FutureNet NSシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FutureNet PIシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
オプション
ソフトウェア
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
監視カメラ録画アプライアンス
FutureNet DSシリーズ
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら
FutureNet製品活用ガイド
FutureNet製品活用ガイド
製品の設定例を集めています
FutureNet NXRシリーズトライアル版ファームダウンロード
NXRシリーズトライアル版ファームウェアダウンロード
ダウンロードはこちら
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ