ダウンロード

FutureNet AS-M250/L

ファームウェアVer2.5.1(2020/9/11)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加をおこないました。

新規機能

  1. 通信モジュールのファームウェア更新を行うコマンド”module update start”を追加しました。
  2. GPS 測位を行うコマンド”module gps start”を追加しました。
  3. GPS の測位結果を揮発性メモリだけでなく不揮発性メモリにも保存するコマンド”module gps eeprom on”を追加しました。GPS 機能が常時有効になっている(“module gps on”)場合には揮発性メモリにのみ保存します。
  4. GPS の測位結果の履歴を表示するコマンド”show gps history”を追加しました。
  5. 機器の基板の温度を表示するコマンド”show temperature”を追加しました。

仕様変更・追加

  1. 通信モジュールの温度プロテクション動作の閾値を「10℃」上方修正しました。この変更を有効にするには、FOTA 機能により通信モジュールのファームウェアをRev11-25 に更新する必要があります。Rev11-25 の適応をご希望の方はご連絡ください。
    ⚫ 通信モジュールのファームウェアがRev11-14 以前には温度プロテクション動作はありません。
    ⚫ 温度プロテクション動作は高温時に段階的に速度を低下させ、故障を回避するための仕様です。
    ⚫ 今回の仕様変更にともなう弊社製品の動作保証温度の変更はありません。
  2. GPS の測位結果を揮発性メモリおよび不揮発性メモリでそれぞれ最大5 件保存するように変更しました。
  3. アンテナログに機器の基板の温度を出力するように変更しました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

このバージョンでは、不具合修正はありません。

ファームウェアVer2.5.0(2020/8/31)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. 接続先APN設定のdomainコマンドで、認証ユーザIDと認証パスワード内に一部の置換キーワードを使用できるようにしました。置換キーワードを使用する場合には、”domain keyword on”を指定します。
  2. 接続先APN設定のdomainコマンドで設定した認証ユーザIDと認証パスワードを表示するコマンド”show domain”を追加しました。
  3. テンプレートの置換キーワードに以下を追加しました。
    ①IMEI: 通信モジュールのIMEIに置換
    ②ICCID: SIMのICCIDに置換
    ③PHONE: SIMの電話番号に置換
  4. PPP未接続時およびリモート省電力モード時のping着信に対する振る舞いを選択できるように設定コマンド”module ping (FLAG)”を追加しました。
    ①FLAGの値がresponseの場合、ping着信に応答する。また、リモート省電力モードから復帰する(前バージョンまでの動作)。
    ②FLAGの値がignore(工場出荷値)の場合、ping着信に応答しない。また、リモート省電力モードから復帰しない。

仕様変更・追加

  1. WarpLink DDNS機能を利用した自動ファームウェア更新時、サーバから有効なハッシュ値の情報が来なかった場合には、ログにその旨を出力し、ファームウェアのダウンロードを行わないように変更しました。
  2. イベント発生時に実行するコマンド(”evcmd”)の登録数を10から20に変更しました。
  3. テンプレート登録コマンド(”template”)数を10から20に変更しました。
  4. 工場出荷値のパスワードでログインした際、パスワードの変更を促すメッセージを出力するように変更しました。機器にログインするためにはパスワードの変更が必要になります。
  5. WarpLink DDNSサーバへの接続に失敗した場合、次回の周期送信間隔を待たずに再接続を行うように変更しました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. 設定ファイルの一時読込コマンド”config load”で読み込んだ設定ファイルの内容が誤っていた場合、エラーメッセージが正常に出力されなかった問題を修正しました。
  2. HTTPクライアントコマンド(”wpost”, “wput”, “wget”)実行時、再送間隔のみを省略した場合に実行エラーとなる問題を修正しました。
  3. HTTPクライアントコマンド(”wpost”, “wput”, “wget”)実行時、同じPOST先URLに同時アクセスした場合に先に実行したコマンドが終了しない問題を修正しました。
  4. HTTP GETクライアントコマンド(“wget”)で取得したファイルの内容が稀に全て0x00となる問題を修正しました。
  5. スケジュール削除後に省電力モードに移行した場合、削除したはずのスケジュール実施時刻に省電力モードから復帰してしまう問題を修正しました。
  6. 起動時および省電力モードからの復帰時に稀に再起動を繰り返す問題を修正しました。
  7. 起動時および省電力モードからの復帰時にWDOGリセットが稀に発生する問題を修正しました。
  8. ローカル省電力モード移行時に通信モジュールの電源を正しく切っていない問題を修正しました。
  9. 設定が工場出荷時の状態の時にパスワードのみを変更した場合、変更後のパスワードが設定されない問題を修正しました。

ファームウェアVer2.4.5(2019/11/12)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. テンプレートの置換キーワードに以下を追加しました。
    ① IMSI : SIM カードのIMSI 番号に置換
  2. 表示コマンド“show module sim”を追加しました。また、表示コマンド”show all”とWeb 管理画面の技術サポート情報の出力結果に表示コマンド”show module sim”の内容を追加しました。
  3. GPS 機能を追加しました。

仕様変更・追加

  1. 起動処理時に内部での通信に失敗して再起動を行う際、システムログをRAM に保存するように変更しました。
  2. ウォッチドッグ監視対象外の一部のタスクをウォッチドッグ監視対象に変更しました。
  3. SYSLOG 転送機能において、SYSLOG サーバIP アドレスを指定していない状態でもカテゴリを指定できるように変更しました。
  4. ホスト名はURL 内のホスト名を含めて、63 文字までに変更しました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. 定期再起動の際、リセット要因がWDOG リセットとなる問題を修正しました。
  2. 死活監視に失敗した際、イベント名(alivemonitorfailure)のイベントが実行されない問題を修正しました。
  3. 起動直後にエラーによる再起動が発生した際のエラーメッセージが、表示コマンド”show syserr”で表示されない問題を修正しました。
  4. 表示コマンド”show osslicense”にnkf のライセンス文を追加するように修正しました。
  5. HTTP クライアントコマンド(”wpost”, “wput”, “wget”)のURL に指定するホスト名以降のパス名が128 文字を超えた場合に動作しなくなる不具合を修正しました (URL 全体の文字数は現状どおり256 文字までとなります) 。
  6. WAN キープアライブ有効時かつ失敗時の動作が”restart”以外の場合、WDOG リセットが発生する問題を修正しました。
  7. SMS 通信機能を利用できるように修正しました。
  8. SMS やping で省電力動作モードから復帰した際のログが誤っていたので、正しいログ(PowerController wakeup cause: SMS)に修正しました。
  9. エラーによる再起動が発生した際に、通常より再起動が1 回多く発生する問題を修正しました。

ファームウェアVer2.4.4(2019/1/31)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. 通信モジュール監視機能として、PPP 接続をしていない間、通信モジュールのモデムポートを監視する機能を追加しました。

仕様変更・追加

  1. WarpLink DDNS サーバに登録する際、SIM の電話番号とICCID の情報を含めるように変更しました。
  2. 起動処理が途中で停止した際も、起動処理中のシステムログをRAM に保存するように変更しました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. 起動および省電力動作モードからの復帰時にイーサネットPHY チップが応答しない場合、起動処理が停止する問題を修正しました。この場合、AS は再起動します。
  2. 起動および省電力動作モードからの復帰時に各種タスクが正常に起動しなかった場合でも、起動処理が正常に終了する問題を修正しました。この場合、AS は再起動します。
  3. 表示コマンド”show syserr”で表示されるシステムエラーが正常に表示されなかった問題を修正しました。
  4. HTTP クライアント機能で、HTTP のレスポンスコード201 から299 をエラーとして扱っていた問題を修正しました。HTTP のレスポンスコード201 から299 は正常終了として扱うように修正しました。
  5. 接続先登録の接続先APN、認証ユーザID、認証パスワードやPDP タイプおよびPPP 認証プロトコルを変更後の再起動時にすぐに圏内にならなかった問題を修正しました。上記の設定変更があった場合、通信モジュールを再起動するため通常より再起動が1 回多く発生します。

ファームウェアVer2.4.3(2018/11/19)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. 省電力動作モードへの移行中に接点入力がオンになった場合、AS を再起動する設定を追加しました。

仕様変更・追加

  1. ダイアル時に圏外の場合、最大115 秒間待機し、その間に圏内になった場合はすぐにダイアルするよう変更しました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. 接続先登録の認証ユーザID および認証パスワードに”;”(セミコロン)が含まれている場合、接続できない問題を修正しました。

制限事項

  1. 通信キャリアの指定で"module carrier kddi"を設定した場合、ファームウェアVer2.4.1で対応した仕様変更の項番3が無効となります。これにより、起動時や省電力動作モードからの復帰の際、設定を通信モジュール内部のFlashROMに毎回書き込むため、FlashROMの寿命が短くなる可能性があります。(2019/12/4更新)

ファームウェアVer2.4.2(2018/8/28)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、仕様変更・追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. ping による死活監視機能を追加しました。指定ホストへping を送信して、到達性の異常を検出する機能です。

仕様変更・追加

  1. ダイアル連続失敗時に再起動する設定のダイアル失敗判定回数の上限を720 にしました。
  2. ダイアル連続失敗時、再起動を行う直前に”dialfail”イベントを発行するようにしました。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. E メールのイベント設定で、WAN キープアライブに失敗した際のイベント名が誤っていたので、正しいイベント名(keepalivefailure)に修正しました。
  2. NAT 機能を利用したFTP をアクティブモードで使用する際、FTP の通信が停止してしまう問題を修正しました。

ファームウェアVer2.4.1(2018/7/25)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

このバージョンでは、新規機能はありません。

仕様変更・追加

  1. 表示コマンド”show di”を引数無しで実行した場合の表示内容に仮想接点入力の状態を追加しました。
  2. 表示コマンド”show do”を引数無しで実行した場合の表示内容に仮想接点出力の状態を追加しました。
  3. 起動時や省電力動作モードからの復帰の際、モバイル接続先情報に変更があった場合のみ、設定を通信モジュール内部のFlashROM に書き込むように変更しました。これにより、FlashROM に書き込む回数が低減されます。
  4. モバイル接続先情報の通信キャリアとしてフルMVNO を指定できるようにしました。これにより、フルMVNO のサービスを利用できます。(動作確認済みフルMVNO サービス:IIJ モバイルサービス/タイプI)

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. メールの内容に改行が含まれる場合、一部のメールサーバに対して送信失敗となる問題を修正しました。
  2. 一部のメールサーバにSSL 接続できない問題を修正しました。
  3. UDP パケット破棄時のログが出力される問題を修正しました。
  4. イーサネットのオートネゴシエーション非対応10BaseT-Half 機器との接続で、10BaseT-Full と判断してしまう問題を修正しました。
  5. モバイル通信中にウォッチドッグ監視機能による再起動(Reset source: WDOG)が発生する問題を修正しました。
  6. 個体によって、ファームウェアの更新が正常に行えない場合がある問題を修正しました。(2020/6/24追記)

ファームウェアVer2.4.0(2018/2/15)リリース

このバージョンでは、以下の機能追加、不具合修正をおこないました。

新規機能

  1. Web 管理画面の基本設定画面 モバイル接続先情報にキャリアを設定する項目を追加しました。

仕様変更・追加

このバージョンでは、仕様変更・追加はありません。

セキュリティに関する仕様変更・修正

このバージョンでは、セキュリティに関する仕様変更・修正はありません。

不具合修正

  1. 通信モジュールからPPP のLCP ネゴシエーションでの合意値(1520Byte)を超えるPPP フレームを受信した場合、それ以降のPPP フレームを受信しなくなる不具合を修正しました。
  2. PPP フレームの区切りを表すフラグが1 個だけ存在する場合、直後のPPP フレームを無視する不具合を修正しました。
  3. デバウンス時間設定時で入力接点の変化が短時間に複数発生した場合、入力接点の値と読み出した値が異なる場合がありました。最後の入力接点の変化からデバウンス時間経過後の入力接点の値を読み出すように修正しました。
  4. 入力接点変化後の2ms 間は入力接点受信回路の出力が安定せず、値が不定になっていました。入力接点の変化から3ms 後の入力接点の値を読み出すように修正しました。

製品

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x64(仮想ソフトウェアルータ)
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
FutureNet SEILシリーズ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
FutureNet NSシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet MA-Sシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FutureNet PIシリーズ
LPWA
FutureNet XGシリーズ
産業用PoEスイッチ/電源コントローラ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
接点・IP告知システム
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
監視カメラ録画アプライアンス
FutureNet DSシリーズ
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら
FutureNet製品活用ガイド
設定例
製品の設定例を集めています
FutureNet NXRシリーズトライアル版ファームダウンロード
NXRシリーズトライアル版ファームウェアダウンロード
ダウンロードはこちら
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ