FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LXC編

2. LXC設定(マルチコンテナ対応機種)

2-5. コンテナからの通信

ここではコンテナのネットワーク設定完了後、ホスト経由での通信準備およびコンテナからの通信例を紹介します。

 

【対象機種】NXR-G200シリーズ

 

【 ホスト経由での通信準備 】

コンテナ内のアプリケーションなどをルータ機能経由で利用するためにはホスト側の設定が必要になります。
ホスト側の設定については弊社ホームページにあります各種設定例が参考になります。
・FutureNet製品活用ガイド
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/

FutureNet製品活用ガイドではNXR,WXRシリーズのカテゴリ内に様々な設定例を掲載しています。
※VPNを使用する場合はIPsec編をご参照下さい。

 

【 コンテナからの通信 】

ホスト側のルータ設定完了後、LXCから通信可能か確認を行います。
下記は、IPsec編の[Route Based IPsec設定]-[PPPoEを利用したIPsec接続設定]のNXR_AのルータでLXCをセットアップし、IPsec経由で対向ルータ(NXR_B)のLAN側IPアドレス宛にPingおよびSSHアクセスを実行した例になります。

 

<コンテナからのPing実行例>
$ping 192.168.20.1
PING 192.168.20.1 (192.168.20.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=1 ttl=63 time=3.40 ms
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=2 ttl=63 time=1.95 ms
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=3 ttl=63 time=1.83 ms
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=4 ttl=63 time=1.86 ms
— 192.168.20.1 ping statistics —
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3005ms
rtt min/avg/max/mdev = 1.831/2.389/3.960/0.907 ms

 

<コンテナからのSSH実行例>
$ssh 192.168.20.1 -l admin
admin@192.168.20.1’s password:
Century Systems NXR-G100 Series ver 6.9.0 (build 18/18:26 22 12 2015)
NXR_B#

通信確認完了後、コンテナ内のアプリケーションなどを使った通信をホスト経由で利用できます。