FutureNet

NXR,WXRシリーズ

WANインタフェース編

7. WiMAX設定

7-1. NXR-155/C-WM WiMAX接続設定

NXR-155/C-WMは、UQ WiMAXに対応した通信モジュールを搭載していますので、別途WiMAXの通信端末を用意しなくてもUQ WiMAXを利用することが可能です。

※UQ WiMAXを利用するには、別途契約が必要です。UQ WiMAX契約時に、WiMAXのMACアドレスの情報が必要となります。WiMAXのMACアドレスは、同梱のシールまたは製品裏面のラベルに記載されています。

 

【 構成図 】

  • NXR-155/C-WMで利用可能なWiMAXサービスは、UQ WiMAXサービスのみです。
  • IPアドレスはDHCPクライアント機能で取得します。このときネットマスクが32ビットのIPアドレスが割り当てられるため、イーサネットのようにARPを利用しますが、ポイント・ツー・ポイントインタフェースとして設定されます。

 

【 設定データ 】

設定項目 設定内容
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース wimax0のIPアドレス 動的IPアドレス
IPマスカレード 有効
SPIフィルタ 有効
MSS自動調整 オート
WiMAXエラーリカバリー リセット
LED ext0 wimax0の電波状態表示
DNS サービス 有効

【 設定例 】

nxr155#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
nxr155(config)#interface ethernet 0
nxr155(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxr155(config-if)#exit
nxr155(config)#interface wimax 0
nxr155(config-wimax)#ip masquerade
nxr155(config-wimax)#ip spi-filter
nxr155(config-wimax)#ip tcp adjust-mss auto
nxr155(config-wimax)#exit
nxr155(config)#wimax error-recovery reset
nxr155(config)#system led ext 0 signal-level wimax 0
nxr155(config)#dns
nxr155(config-dns)#service enable
nxr155(config-dns)#exit
nxr155(config)#exit
nxr155#save config

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxr155(config)#interface ethernet 0
nxr155(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <WAN側(wimax0)インタフェース設定>
nxr155(config)#interface wimax 0

wimax0インタフェースを設定します。

(☞) WiMAXインタフェースではデフォルトでip address dhcpが設定されており、変更することはできません。

nxr155(config-wimax)#ip masquerade
nxr155(config-wimax)#ip spi-filter
nxr155(config-wimax)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

3. <WiMAXエラーリカバリー設定>
nxr155(config)#wimax error-recovery reset

WiMAX通信モジュールとの通信に重大な問題が発生する可能性が高いと判断した場合、WiMAX通信モジュールのリセットを行うように設定します。

 

4. <システムLED設定>
nxr155(config)#system led ext 0 signal-level wimax 0

WiMAX通信モジュールの電波状態をAUX LED1,2の点灯/消灯で表示するように設定します。

 

5. <DNS設定>
nxr155(config)#dns
nxr155(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1
DNSサーバ