FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LXC編

1. LXC設定(シングルコンテナ対応機種)

1-2. ホスト側の設定(LXC)

LXCはホスト上のブリッジを介して外部と通信できます。LXC内部のネットワークとホスト側のブリッジとの間をつなぐために仮想インタフェース「veth」を使用します。

 

【 ネットワーク構成 】

 

【 設定例 】

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#lxc container 1
nxrg100(config-lxc)#exit
nxrg100(config)#interface veth 0
nxrg100(config-veth)#lxc-link 1
nxrg100(config-veth)#exit
nxrg100(config)#interface bridge 0
nxrg100(config-bridge)#bridge port 1 ethernet 0
nxrg100(config-bridge)#bridge port 2 veth 0
nxrg100(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg100(config-bridge)#exit
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

 

【 設定例解説 】

1. <LXCコンテナ設定>
nxrg100(config)#lxc container 1

LXCコンテナを設定します。

 

2. <veth0インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface veth 0

veth0インタフェースを設定します。

nxrg100(config-veth)#lxc-link 1

lxc container1との仮想ブリッジを設定します。

 

3. <bridge0インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface bridge 0
nxrg100(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24

bridge0インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxrg100(config-bridge)#bridge port 1 ethernet 0
nxrg100(config-bridge)#bridge port 2 veth 0

ブリッジインタフェースで利用するインタフェースを設定します。