FutureNet

NXR,WXRシリーズ

VXRシリーズ編

3. Cloudn Compute(VPCタイプOpenNW) VPN接続設定

3-7. L2TPv3 over UDP接続設定(VPCタイプOpenNW)

VXR-x86ではL2TPパケットをUDPでカプセル化するL2TPv3 over UDP機能を使用することが可能です。これによりNATルータを経由する構成やL2TPパケットを通過させられない環境でも、UDPが許可されていればL2TPv3を利用することができます。この設定例ではNAPTルータでUDPポート1701がNAT可能で、かつフィルタが許可されていることを前提とします。

 

【 構成図 】

fnw_vxr_l2tpv3_303

  • L2TPv3overUDPを利用する場合、L2TPv3トンネル設定で送信プロトコルとしてUDPを設定します。それにともないL2TPv3設定,L2TPv3トンネル設定で送信元,宛先のポート番号を設定します。

 

【 設定データ 】

〔VXRの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 VXR
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース ethernet1のIPアドレス 192.168.11.1/24
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(IPアドレス) 192.168.11.254
L2TPv3 ホスト名 vxr
ルータID 172.20.10.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
over UDP使用時の送信元ポート番号 1701
over UDP使用時のPath MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 NXR_A
リモートホスト名 nxra
リモートルータID 172.20.20.1
リモートベンダーID ietf
送信プロトコル UDP
over UDP使用時の宛先ポート番号 1701
L2TPv3 Xconnect1 名前 NXR_A
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
MSS自動調整 オート
L2TPv3トンネル2 名前 NXR_B
リモートホスト名 nxrb
リモートルータID 172.20.30.1
リモートベンダーID ietf
送信プロトコル UDP
over UDP使用時の宛先ポート番号 1701
L2TPv3 Xconnect2 名前 NXR_B
L2TPv3トンネルID 2
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
MSS自動調整 オート
DNS サービス 有効
DNSサーバ プライマリ 192.168.11.254
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

〔NXR_Aの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 NXR_A
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.2/24
WAN側インタフェース ethernet1のIPアドレス 192.168.21.1/24
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ((IPアドレス) 192.168.21.254
L2TPv3 ホスト名 nxra
ルータID 172.20.20.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
over UDP使用時の送信元ポート番号 1701
over UDP使用時のPath MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 VXR
リモートトンネルアドレス 10.10.10.1
リモートホスト名 vxr
リモートルータID 172.20.10.1
リモートベンダーID ietf
送信プロトコル UDP
over UDP使用時の宛先ポート番号 1701
L2TPv3 Xconnect1 名前 VXR
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
再送間隔 30秒
MSS自動調整 オート
DNS サービス 有効
DNSサーバ プライマリ 192.168.21.254
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

〔NXR_Bの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 NXR_B
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.3/24
WAN側インタフェース ethernet1のIPアドレス 192.168.31.1/24
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(IPアドレス) 192.168.31.254
L2TPv3 ホスト名 nxrb
ルータID 172.20.30.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
over UDP使用時の送信元ポート番号 1701
over UDP使用時のPath MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 VXR
リモートトンネルアドレス 10.10.10.1
リモートホスト名 vxr
リモートルータID 172.20.10.1
リモートベンダーID ietf
送信プロトコル UDP
over UDP使用時の宛先ポート番号 1701
L2TPv3 Xconnect1 名前 VXR
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
再送間隔 30秒
MSS自動調整 オート
DNS サービス 有効
DNSサーバ プライマリ 192.168.31.254
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

 

【 設定例 】

〔VXRの設定〕

vxr-x86#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
vxr-x86(config)#hostname VXR
VXR(config)#interface ethernet 0
VXR(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
VXR(config-if)#exit
VXR(config)#interface ethernet 1
VXR(config-if)#ip address 192.168.11.1/24
VXR(config-if)#exit
VXR(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.11.254
VXR(config)#l2tpv3 hostname vxr
VXR(config)#l2tpv3 router-id 172.20.10.1
VXR(config)#l2tpv3 mac-learning
VXR(config)#l2tpv3 mac-aging 300
VXR(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
VXR(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery
VXR(config)#l2tpv3 tunnel 1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.20.1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#exit
VXR(config)#l2tpv3 xconnect 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#exit
VXR(config)#l2tpv3 tunnel 2
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.30.1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#exit
VXR(config)#l2tpv3 xconnect 2
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 2
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#exit
VXR(config)#dns
VXR(config-dns)#service enable
VXR(config-dns)#address 192.168.11.254
VXR(config-dns)#exit
VXR(config)#fast-forwarding enable
VXR(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
VXR(config)#exit
VXR#save config

〔NXR_Aの設定〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#hostname NXR_A
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.10.2/24
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.21.1/24
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.21.254
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra
NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 172.20.20.1
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_A(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
NXR_A(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description VXR
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname vxr
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description VXR
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_A(config)#dns
NXR_A(config-dns)#service enable
NXR_A(config-dns)#address 192.168.21.254
NXR_A(config-dns)#exit
NXR_A(config)#fast-forwarding enable
NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_A(config)#exit
NXR_A#save config

〔NXR_Bの設定〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#hostname NXR_B
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.3/24
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.31.1/24
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.31.254
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb
NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 172.20.30.1
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_B(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
NXR_B(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description VXR
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname vxr
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description VXR
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_B(config)#dns
NXR_B(config-dns)#service enable
NXR_B(config-dns)#address 192.168.31.254
NXR_B(config-dns)#exit
NXR_B(config)#fast-forwarding enable
NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_B(config)#exit
NXR_B#save config

 

【 設定例解説 】

〔VXRの設定〕

1. <ホスト名の設定>
vxr-x86(config)#hostname VXR

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
VXR(config)#interface ethernet 0
VXR(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
VXR(config)#interface ethernet 1
VXR(config-if)#ip address 192.168.11.1/24

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

4. <スタティックルート設定>
VXR(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.11.254

デフォルトルートを設定します。

 

5. <L2TPv3設定>
VXR(config)#l2tpv3 hostname vxr
VXR(config)#l2tpv3 router-id 172.20.10.1

L2TPv3のホスト名としてvxrを設定します。また、ルータIDを設定します。

VXR(config)#l2tpv3 mac-learning
VXR(config)#l2tpv3 mac-aging 300

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。

VXR(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
VXR(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery

L2TPv3overUDP使用時の送信元ポート番号を設定します。また、Path MTU Discoveryを有効にします。

 

6. <L2TPv3トンネル1設定>
VXR(config)#l2tpv3 tunnel 1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A

L2TPv3トンネル1の説明としてNXR_Aを設定します。なお、NXR_AがNAPTルータ配下にあるため、リモートトンネルアドレスは設定しません。

VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.20.1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

NXR_AのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そして、ベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) L2TPv3のホスト名とルータIDはNXR_Aと同一の値を設定します。

VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701

送信プロトコルをUDPとし、L2TPv3overUDP使用時の宛先ポート番号を設定します。

 

7. <L2TPv3 Xconnect1設定>
VXR(config)#l2tpv3 xconnect 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてNXR_A、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

8. <L2TPv3トンネル2設定>
VXR(config)#l2tpv3 tunnel 2
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B

L2TPv3トンネル2の説明としてNXR_Bを設定します。なお、NXR_BがNAPTルータ配下にあるため、リモートトンネルアドレスは設定しません。

VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.30.1
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

NXR_BのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そして、ベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) L2TPv3のホスト名とルータIDはNXR_Bと同一の値を設定します。

VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
VXR(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701

送信プロトコルをUDPとし、L2TPv3overUDP使用時の宛先ポート番号を設定します。

 

9. <L2TPv3 Xconnect2設定>
VXR(config)#l2tpv3 xconnect 2
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 2

L2TPv3 Xconnect2の説明としてNXR_B、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル2を設定します。

VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
VXR(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

10. <DNS設定>
VXR(config)#dns
VXR(config-dns)#service enable
VXR(config-dns)#address 192.168.11.254

DNSサービスを有効にします。また、VRをプライマリDNSサーバとして設定します。

 

11. <ファストフォワーディングの有効化>
VXR(config)#fast-forwarding enable
VXR(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。
(☞) ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、VXR-x86のユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

〔NXR_Aの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxrg100(config)#hostname NXR_A

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.10.2/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.21.1/24

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

4. <スタティックルート設定>
NXR_A(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.21.254

デフォルトルートを設定します。

 

5. <L2TPv3設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra
NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 172.20.20.1

L2TPv3のホスト名としてnxraを設定します。また、ルータIDを設定します。

NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。

NXR_A(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
NXR_A(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery

L2TPv3overUDP使用時の送信元ポート番号を設定します。また、Path MTU Discoveryを有効にします。

 

6. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description VXR
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1

L2TPv3トンネル1の説明としてVXR、リモートアドレスにVRのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname vxr
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

VXRのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そして、ベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) L2TPv3のホスト名とルータIDはVXRと同一の値を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701

送信プロトコルをUDPとし、L2TPv3overUDP使用時の宛先ポート番号を設定します。

 

7. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description VXR
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてVXR、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。また、リトライインターバルを設定します。そして、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

8. <DNS設定>
NXR_A(config)#dns
NXR_A(config-dns)#service enable
NXR_A(config-dns)#address 192.168.21.254

DNSサービスを有効にします。また、DNSサーバアドレスとして上位のNAPTルータを設定します。

 

9. <ファストフォワーディングの有効化>
NXR_A(config)#fast-forwarding enable
NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

 

〔NXR_Bの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxrg100(config)#hostname NXR_B

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.3/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.31.1/24

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

4. <スタティックルート設定>
NXR_B(config)#ip route 0.0.0.0/0 192.168.31.254

デフォルトルートを設定します。

 

5. <L2TPv3設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb
NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 172.20.30.1

L2TPv3のホスト名としてnxrbを設定します。また、ルータIDを設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 udp source-port 1701
NXR_B(config)#l2tpv3 udp path-mtu-discovery

L2TPv3overUDP使用時の送信元ポート番号を設定します。また、Path MTU Discoveryを有効にします。

 

6. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description VXR
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1

L2TPv3トンネル1の説明としてVXR、リモートアドレスにVRのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname vxr
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

VXRのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そして、ベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) L2TPv3のホスト名とルータIDはVXRと同一の値を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel protocol udp
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel udp port 1701

送信プロトコルをUDPとし、L2TPv3overUDP使用時の宛先ポート番号を設定します。

 

7. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description VXR
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてVXR、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。また、リトライインターバルを設定します。そして、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

8. <DNS設定>
NXR_B(config)#dns
NXR_B(config-dns)#service enable
NXR_B(config-dns)#address 192.168.31.254

DNSサービスを有効にします。また、DNSサーバアドレスとして上位のNAPTルータを設定します。

 

9. <ファストフォワーディングの有効化>
NXR_B(config)#fast-forwarding enable
NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

 

【 端末の設定例 】

仮想サーバ LAN_Aの端末 LAN_Bの端末
IPアドレス 192.168.10.101 192.168.10.102 192.168.10.103
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1 192.168.10.2 192.168.10.3
DNSサーバ 192.168.11.254

←前のページ

次のページ→