FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

4. スケジュール設定

4-15. ファームウェアリストアップデートを定期的に実行する

指定日時にファームウェアリストアップデートを実行する設定例です。ファームウェアリストアップデート機能については、ファームウェアリストアップデート設定をご参照ください。

 

コンテンツ
設定例 補足

 

【 設定例 】

<指定した時刻にファームウェアリストアップデートを実行する>
(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[ファイル名]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、FTPサーバから取得します。

(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update ssh://[ユーザ名]@[IPアドレス]/[ファイル名] password [パスワード]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、SSHサーバから取得します。

(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update disk0:[ファイル名]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、disk0と認識されている外部ストレージから取得します。

(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update http://[IPアドレス]/[ファイル名]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、HTTPサーバから取得します。

(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update https://[IPアドレス]/[ファイル名]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、HTTPSサーバから取得します。
この実行例では、HTTPSサーバ証明書のバリデーションを行います。バリデーションを行わない場合は、下記のように設定します。

(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update https-://[IPアドレス]/[ファイル名]

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、HTTPSサーバから取得します。ただし、サーバ証明書のバリデーションは行いません。

 

【 補足 】

holdオプションを指定した場合、ファームウェア更新後の自動再起動を保留し、再起動するまでは既存のファームウェアで動作します。

<hold設定>
(config)#schedule 1 4:00 * * firmware list-update https://www.example.jp/firmware-list.txt hold

4:00にファームウェアリストアップデートを実行します。リストファイルは、HTTPSサーバから取得します。そしてファームウェア更新後の自動再起動を保留し、再起動するまでは既存のファームウェアで動作します。