FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LXC編

1. LXC設定(シングルコンテナ対応機種)

LXC設定(シングルコンテナ対応機種) 一覧

コンテナ型仮想化(以下LXC)機能は仮想化技術の一つで、この機能を利用することによりLXC内に作成したIPソケットアプリケーションからルーティングやIPsec VPNなどのルータ機能が利用できるようになります。

 

1-1. LXCを使用するための準備

LXC用SDカードイメージのコピーなどの方法を紹介します。

 

1-2. ホスト側の設定(LXC)

LXCを利用するルータ側の設定例です。この例ではLXC内部のネットワークとホスト側のブリッジとの間をつなぐために仮想インタフェース「veth」を1つ作成します。

 

1-3. LXCコンソール接続・切断

ホスト(ルータ)側のCLIからLXCのコンソールへの接続方法および切断方法を紹介します。

 

1-4. LXCのネットワーク設定

LXC側のネットワーク設定例です。

 

1-5. LXCからの通信

LXCのネットワーク設定完了後、ホスト経由での通信準備およびLXCからの通信例を紹介します。

 

1-6. ホスト側の設定(LXCでフレームを透過させる[NXR-G100版])

LXCを利用するルータ側の設定例です。この例では仮想インタフェース「veth」を2つ設定します。そしてLXCでブリッジを設定することによりホストのethernet0インタフェースで受信したフレームをLXCで透過し、veth1インタフェースで受信します。

 

1-7. ホスト側の設定(LXCでフレームを透過させる[VXR-x86版])

1-6. ホスト側の設定(LXCでフレームを透過させる[NXR-G100版])をVXR-x86で行う設定例です。

←前のページ

次のページ→