製品情報

 FutureNet MA-E350/KLAD

  • サポート情報
  • ダウンロード情報

FutureNet MA-E350/KLAD

FutureNet MA-E350/KLAD

標準価格: オープンプライス

JANコード: 4540428002171

Java SE Embedded 8
インタフェース
  • 10/100/1000BASE-T
  • RS-232
  • RS-485
  • USB2.0
  • DI
  • DO
  • リレー接点出力
  • AI
  • SD
  • LTE/KDDI
  • ×2
  • ×1
  • ×1
  • ×1
  • ×8
  • ×4
  • ×4
  • ×4
  • ×1
オプション
  • Memory Media USB-8GB
  • MAシリーズブランケット
  • 取付マグネット
  • Memory Media SD
  • シリアル変換アダプタ
  • 温度拡張ACアダプタ
  • AIケーブル
  • DIOケーブル
  • 防水・防塵鍵付開閉プラボックス
  • *開発コンソール用
  • RS485(Dsub-3Pin変換)コネクタ
  • VTK-1
  • DBK-1
同梱物
  • 保証書
  • ACアダプタ
  • 外部電源用3pinプラグ
無償保証登録
  • MA-E300シリーズ3年無償保証サービス登録
アンテナ
  • 製品概要
  • 特徴
  • 仕様
  • マイク□サーバ開発者サイト

FutureNet MA-E300シリーズは-20℃~60℃の動作温度範囲に対応し、省電力性にも優れた小型のLinuxアプライアンスサーバです。オフィス内だけでなく屋外設置の組み込みシステムや観測システム、M2Mシステムのコンセントレータ、中継装置としても安定した運用が可能です。

CPUにARMコアの高性能プロセッサ Sitara AM3352(テキサスインスツルメンツ社製、CPUクロック 1GHz)を採用、メモリは標準で512MB搭載し、最大で1GBまで拡張できます。2つのギガビットイーサネットインタフェースに加え、RS-232、USB、SDカードスロットを備えています。Linuxの強力なソフトウェアと組み合わせることで、ルータ機能をベースとした特定サービス専用ルータ、アプリケーション・ゲートウェイ、ネットワーク監視ボックス、遠隔監視システムの拠点側サーバなどとして利用できます。

OSとしてUbuntuディストリビューションのサブセットをプリインストールしており、オープンソースで提供されている多数のLinuxアプリケーションが利用可能です。また、「Java SE Embedded 8」(ARM アーキテクチャ版)を標準で搭載し、Linux のアプリケーションに加え、JAVAで作成したアプリケーションも容易に実行できるようになりました。

これまでパソコンと周辺機器を組み合わせておこなっていた処理もM2M 専用機としてMA-E300シリーズ1台に移行できます。また、東南アジア、ヨーロッパ、北米向けを中心に各国の安全規制への対応を順次進めてまいりますので海外拠点を含めたネットワークでご利用いただけます。

●LTE対応による高速なワイヤレス通信環境

FutureNet MA-E350/KLADはLTE通信モジュール「KYM11」を内蔵し、SIMカードスロットと外部アンテナ接続用のコネクタを搭載しています。「KYM11」は下り最大75Mbps、上り最大25Mbps※1の通信性能を備えています。これによりワイヤレス環境でも大容量のコンテンツの配信やデータの送受信が可能です。また、帯域の広さを活かして機器の死活監視や、ログ情報、運用情報の収集等を同時におこなうことも可能です。

●インタフェース拡張モデル

FutureNet MA-E350/KLADはアナログ入力 4ポート、デジタル入力 8ポート、デジタル出力 4ポート、リレー出力 4ポートを搭載したモデルです。
アナログ入力は絶縁型で16bitの精度を持ち、温度センサや気象センサなどのアナログ出力を備えるセンサを直接接続できます。デジタル入力にはON/OFF状態を出力するセンサや雨量計などのデジタルパルス出力を持つ装置を接続できます。デジタル出力は回転灯のようにON/OFFで制御できる装置との連動に利用できます。リレー出力は必要なときに電源の入/切をおこなう用途に利用できます。
これらのモデルを使うとM2M/IoTシステムのセンサ側で必要となるデータロガー、データ処理、通信機能を1台で実現できるため、観測拠点の機器構成をシンプルに保てます。

●優れた電源品質

FutureNet MA-E350/KLADは、DC12V電源コネクタ(付属のACアダプタに接続)に加えて、DC12V外部電源用3pinコネクタ(付属の外部電源用3pinプラグに接続)を有しています。
DC12V外部電源用3pinコネクタは、機器内の電磁波などから発生した微量な余剰電流を逃がす絶縁電源を有しており、優れた電源品質を実現します。

●Java SE Embedded 8を標準搭載

OSとしてLinuxカーネル 3.14.x(またはそれ以降)を含むUbuntuディストリビューションのサブセットをプリインストールしています。出荷時の状態でオープンソースで提供されている多数のLinuxアプリケーションが利用可能です。ログ情報の閲覧やシステムの停止などの基本的な操作は専用のWEB画面からおこなえます。パソコンで開発したソフトウェアをスムーズに移植できるようにCPUやメモリの性能を高めています。
また、今年3月のメジャーバージョンアップで大幅に機能強化され、パソコン環境との差がほとんどなくなった組込用「Java SE Embedded 8」のFull JREを標準で搭載します。これにより、パソコンからMAシリーズへのJavaアプリケーションの移行がより簡単になります。

●強力なネットワーク機能

MA-E350/NADは2つのギガビットイーサネットインタフェース(RJ-45)を搭載しています。また、暗号化処理専用のハードウェアを搭載しています。通信手段としてはギガビットイーサネットによる有線のネットワーク接続に加え、モバイルデータ通信端末接続インタフェースを備えておりNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、およびそのMVNO各社から提供されるUSB型モバイルデータ通信端末を接続できます。また、イーサネットとモバイルデータ通信を組み合わせてリモートルータとして利用することも可能です。
PPPやPPPoE接続機能、経路制御、NAT/NAPT、パケットフィルタ、SSHによる暗号化などLinuxの優れたネットワーク機能を自由に利用できるため、サーバアプリケーションと組み合わせて、特定用途向けの専用サーバ兼ルータを短期間で実現できます。

●豊富なブート機能

フラッシュメモリで、2つのファームウェアを切り替えて使う機構を備えています。例えば1面側に運用中のカーネルとファイルシステムを搭載、2面側にその更新版を搭載しておき、更新版での試験運用の際に問題が発生したら1面の従来版に戻して運用を継続する、などの使い方ができます。
このほか、WindowsでLinuxのクロス開発環境を作るのに必要なソフトウェアをインストールした状態のVirtualBOX用OSイメージをSDKで提供します。なお、SDKは最新のカーネルにも追従し、開発者向けの専用サイトのGitリポジトリで随時最新版を公開します。
これらの開発環境を使って、FutureNet MA-E300シリーズで動作するLinuxアプリケーションの開発や、独自の起動用SDカード、USBメモリ(ファイルシステム)の作成、独自ファームウェアの作成が可能です。

また、NAND Flash(256MB)での起動の場合、以下のようにファームウェア領域①、ファームウェア領域②、ユーザ領域に分割して利用し、ファームウェアの二重化しています。どちらのファームウェア領域で起動するかはEEPROMに保存した設定(起動ファーム選択フラグ)により切り替えを行います。ファームウェア更新時は現在の起動面と異なる面に対して以下の処理を行います。
   ①rootfs領域の更新
   ②Kernel領域の更新
   ③EEPROMの起動ファーム選択フラグを更新
このようにファームウェアを二重化することで、ファームウェア更新時に意図しない電源断が発生などによりファームウェア更新に失敗した場合でも、正常な面のファームウェアで起動可能となります。

豊富なブート機能、NAND Flashの構造

●低消費電力、高性能、高信頼性、耐環境性

省電力CPUや電源回路の最適化により、スリープ時約0.3Wという低消費電力を実現しています。無人の環境や屋外での利用を想定し、ファンなどの可動部品を使用しないことにより高信頼性を確保し、24時間365日の常時稼働と-20℃~60℃(CPU 300MHz/100BASE-TXリンク時)での動作保証を実現しています。

●クラウド対応

弊社から提供中の「WarpLink DDNSサービス」および「WarpLink ICESサービス」に対応します。有線やモバイルを利用したリモート監視環境(IPカメラによる動画での監視やルータの死活監視、機器SYSLOGの収集、運用情報の取得等)を簡単に実現できます。
また、今後WarpLinkで提供予定のデータ収集サービス等に対応したクライアントアプリケーションも無償で提供する予定です。

●Things Cloud 推奨デバイス

「Things Cloud」は、NTTコミュニケーションズが提供しているIoT Platformの名称です。
MA-E300シリーズは、NTTコミュニケーションズが定めた試験項目について「Things Cloud」と通信試験を実施し、試験項目をすべてPASSした NTTコミュニケーションズより推奨対象となっている製品です。
デバイス接続からデータ収集、可視化、分析、管理などIoTの導入に必要な機能・プロセスを、多彩な機能やさまざまなシーンを想定したテンプレートを活用することや、各種センサー対応、Things CloudからMA-E300シリーズの制御など要望に応じた機能追加が可能です。

製品名 FutureNet MA-E350/KLAD
CPU テキサスインスツルメンツ社 
Sitara AM3352 (ARM Cortex-A8 core)
1GHz (300MHz~1GHz動的切り替え対応)
メモリ構成 NAND FLASH 256MB、DRAM 512MB、NOR FLASH 2MB、EEPROM 2kByte
※ DRAMは最大 1GBまで拡張可能
インタフェース イーサネット 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T × 2ポート
RJ-45 コネクタ、Auto Negotiation、Full/Half Duplex、Auto MDI/MDIX
WAN KDDI LTEモジュール
シリアル RS-485(D-Sub9 Male)  × 1
RS-232(D-Sub9 Male) × 1
RS-232(RJ-45) × 1
USB USB 2.0 ホスト × 1ポート(TYPE-Aコネクタ)、
内部インタフェース × 1ポート
アナログ入力 絶縁型アナログ入力ポート × 4
※ 分解能 16bit、電圧/電流モード切替
デジタル接点入力 DI × 8
※電圧接点入力/無電圧接点入力、フォトカプラ絶縁
デジタル接点出力 DO × 4
※ オープンコレクタ出力、フォトカプラ絶縁
リレー出力 フォトMOSリレー接点出力 × 4
※ 独立コモン、フォトカプラ絶縁
SDカードスロット SDHC対応 SDカード × 1スロット
※ SDメモリカードに対応
基本ソフトウェア OS Linux(Kernel 3.14以降)
起動方法 FlashROM boot、SD boot、USB boot
PPP接続
運用管理 設定手段 WEB設定画面、Linuxログイン(シェル)、SSH
ファームウェア更新 ○ ※ WEB設定画面、tftp
構成定義情報 WEB設定の設定内容ダウンロード、アップロード
ログ監視 Syslog(rsyslog)による監視
その他 DHCPサーバ、時刻設定、NTPクライアント/サーバ
サイズ 外観寸法
(突起物を除く)
137.0mm(W) x 137.0mm(D) x 40.2mm(H)
環境 使用電源、電源形状 DC +12V ※ DCジャック(ACアダプタ)
消費電力(本体のみ) スリープ時:0.36W、待機時:2.4W、最大負荷時:8.9W
本体動作条件 CPU 1GHz/1000BASE-Tリンク時:-20℃~40℃
CPU 300MHz/1000BASE-Tリンク時:-20℃~50℃
CPU 300MHz/100BASE-TXリンク時:-20℃~60℃
20~90%(結露なきこと)
耐振動性 最大加速度4G(振動数10~55Hz 振幅0.35mm)
添付品 保証書、ACアダプタ
安全にお使いいただくために

 

拡張インタフェース仕様

アナログ入力インタフェース仕様
アナログ入力 マルチプレクサ式逐次変換型(SAR)
ポート数 差動入力 4CH
絶対最大入力 DC±25V
入力レンジ 電圧モード (ソフトウェアによる切り替え) :
DC 0V~+5V
DC 0V~+10V
DC -5V~+5V
DC -10V~+10V
電流モード (スイッチ切り替え) :
DC 0mA~20mA
許容コモンモード電圧 DC 0V ~ +6V (0V~+5Vレンジ)
DC 0V ~ +1V (0V~+10Vレンジ)
DC -6V ~ +6V (-5V~+5Vレンジ)
DC -1V ~ +1V (-10V~+10Vレンジ)
入力インピーダンス 電圧入力モード 約2MΩ
電流入力モード 250Ω±0.1%
分解能 16bit
変換精度 ±0.1% (フルスケール)
絶縁方式 ディジタルアイソレータ絶縁
絶縁耐圧 DC500V 1分間、外部端子~内部回路間
コネクタ ハーフピッチ20ピン コネクタ
3M社製MDRタイプ : 10220-52A2PL
接点入出力インタフェース仕様
接点入力 電圧接点入力/無電圧接点入力
ポート数 8CH (DIN A0~A3, B0~B3)
コモン 4CH/コモン
入力電圧 DC12V~24V±10% (DC10.8V~26.4V)
入力閾値 ON:DC10V以上
OFF:DC3V以下
入力電流 約2.5mA~5mA
入力インピーダンス 約6kΩ
入力フィルタ Through/1ms/5ms/20ms (コモン毎に設定)
ソフト割り込み チャネル毎に設定 (立ち上がり・立ち下がりエッジ選択可)
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
絶縁耐圧 DC500V 1分間, 外部端子~内部回路間
接点入力専用電源 絶縁電源出力 : DC24V, 供給能力 Max.100mA
接点出力 オープンコレクタ出力
ポート数 4CH (DOUT A0~A3)
コモン 4CH/コモン
負荷電圧 DC26.4V(最大)
負荷電流 50mA(最大)
ON電圧 DC 1.1V以下 (最大負荷時)
OFF時漏洩電流 0.1mA以下
保護機能 過電流保護
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
絶縁耐圧 DC500V 1分間, 外部端子~内部回路間
リレー接点出力 フォトMOSリレー接点出力
ポート数 4CH (DOUT R0~R3)
コモン 独立コモン
負荷電圧 DC30V(最大)
負荷電流 300mA(最大)
保護機能 過電流保護
絶縁方式 フォトカプラ絶縁
絶縁耐圧 DC500V 1分間, 外部端子~内部回路間
コネクタ ハーフピッチ40ピン コネクタ 3M社製MDRタイプ : 10240-52A2PL

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E400シリーズ
FutureNet MA-E300シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ
FutureNet XGシリーズ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
データ記録用装置
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ