FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

5. シスログ設定

5-6. 内蔵フラッシュ上のシスログの外部転送

NXR-G100シリーズでは、内蔵フラッシュに保存したシスログを外部に転送することができます。

 

【対象機種】NXR-G100シリーズ

 

【 実行例 】

〔FTPサーバの利用〕

#copy flash1:[ファイル名] ftp://192.168.10.100/log.gz
succeed.

内蔵フラッシュ内のシスログファイルをFTPサーバ192.168.10.100上に転送します。なおこの実行例では、ファイル名をlog.gzとします。またFTPサーバを利用して転送する場合、anonymousによる接続方法のみ対応しています。よってユーザ名やパスワードを指定することはできません。コマンド実行後、シスログ情報ファイルを転送します。
(☞) サーバ内でシスログファイルをディレクトリ毎に管理している場合は、下記のようにIPアドレスの後に「ディレクトリ名/ファイル名」を指定します。

#copy flash1:[ファイル名] ftp://192.168.10.100/syslog/log.gz

 

〔SSHサーバの利用〕

#copy flash1:[ファイル名] ssh://test@192.168.10.100/log.gz
test@192.168.10.100’s password:[パスワード]
succeed.

内蔵フラッシュ内のシスログファイルをSSHサーバ192.168.10.100上に転送します。なおこの実行例では転送先のファイル名をlog.gzとします。この時SSHサーバのIPアドレスとともにログイン用のユーザ名を合わせて指定します。この実行例では、ユーザ名をtestとします。コマンド実行後、SSHサーバへのログイン用パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力します。ログイン後、シスログファイルを転送します。

(☞) サーバ内でシスログファイルをディレクトリ毎に管理している場合は、下記のようにIPアドレスの後に「ディレクトリ名/ファイル名」を指定します。

#copy flash1:[ファイル名] ssh://test@192.168.10.100/syslog/log.gz

 

〔外部ストレージの利用〕

#copy flash1:[ファイル名] disk0:log.gz
succeed.

内蔵フラッシュ内のシスログファイルをdisk0と認識された外部ストレージに転送します。なおこの実行例ではファイル名をlog.gzとします。
(☞) 外部ストレージでシスログファイルをディレクトリ毎に管理している場合は、下記のように「ディレクトリ名/ファイル名」を指定します。

#copy flash1:[ファイル名] disk0:syslog/log.gz
succeed.

 

【 補足 】

<内蔵フラッシュ内のシスログを表示する>
#show syslog file flash1:[ファイル名]

内蔵フラッシュに保存したシスログファイルを表示します。