FutureNet

NXR,WXRシリーズ

WANインタフェース編

8. 冗長化設定

8-5. メインEthernet+バックアップPPPoE構成

この設定例ではメイン回線にEthernet、バックアップ回線にPPPoEを利用します。メイン回線で障害を検知した場合、バックアップ回線を接続して通信を継続します。

 

【 構成図 】

 <正常時>

<Ping監視NG時>

  • メイン回線であるethernet1インタフェースの障害を検知するためにPing監視を行い、障害検知後、バックアップ回線であるppp0インタフェースを有効にし、通信を継続します。
  • スタティックルート設定で、デフォルトルートのゲートウェイとしてppp0インタフェースを設定します。またethernet1インタフェースはDHCPでアドレス取得するため、スタティックルートは設定していません。
    (☞) DHCPで取得したデフォルトゲートウェイ情報は、show ip default-gatewayコマンドで確認することができます。スタティックルートで設定したデフォルトルートとshow ip default-gatewayコマンドで表示されるデフォルトゲートウェイの両方がある場合、スタティックルートで設定したデフォルトルートが優先されます。
  • IPCP,DHCPで取得したDNSサーバのIPアドレス参照順を以下のように設定します。
    1. ppp0インタフェースで取得したプライマリDNSサーバ
    2. ppp0インタフェースで取得したセカンダリDNSサーバ
    3. ethernet1インタフェースで取得したプライマリDNSサーバ
    4. ethernet1インタフェースで取得したセカンダリDNSサーバ

 

【 設定データ 】

設定項目 設定内容
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース ethernet1インタフェース
(メイン側)
ethernet1のIPアドレス 動的IPアドレス
IPマスカレード 有効
SPIフィルタ 有効
TCP MSS調整 オート
PPPoEクライアント(ethernet2) ppp0
ppp0インタフェース
(バックアップ側)
ppp0のIPアドレス 動的IPアドレス
IPマスカレード 有効
SPIフィルタ 有効
TCP MSS調整 オート
ISP接続用ユーザID test1@example.jp
ISP接続用パスワード test1pass
ネットイベント No. 1
動作 connect
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(インタフェース) ppp0
トラック No.1 監視方式 ip reachability
宛先IPアドレス 10.100.100.1
出力インタフェース ethernet1
監視間隔 10秒
リトライ回数 4回
ディレイ 61秒
LED AUX1 トラック1アップ時点灯
AUX2 ppp0アップ時点灯
DNS サービス 有効
プライオリティ ppp0 1
dhcp 2
FastFowarding 有効

【 設定例 】

nxr230#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxr230(config)#interface ethernet 0
nxr230(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxr230(config-if)#exit
nxr230(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
nxr230(config)#track 1 ip reachability 10.100.100.1 interface ethernet 1 10 4 delay 61
nxr230(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass
nxr230(config)#interface ppp 0
nxr230(config-ppp)#ip address negotiated
nxr230(config-ppp)#ip masquerade
nxr230(config-ppp)#ip spi-filter
nxr230(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxr230(config-ppp)#ppp username test1@example.jp
nxr230(config-ppp)#netevent 1 connect
nxr230(config-ppp)#exit
nxr230(config)#interface ethernet 1
nxr230(config-if)#ip address dhcp
nxr230(config-if)#ip masquerade
nxr230(config-if)#ip spi-filter
nxr230(config-if)#ip tcp adjust-mss auto
nxr230(config-if)#exit
nxr230(config)#interface ethernet 2
nxr230(config-if)#no ip address
nxr230(config-if)#pppoe-client ppp 0
nxr230(config-if)#exit
nxr230(config)#system led aux 1 track 1
nxr230(config)#system led aux 2 interface ppp 0
nxr230(config)#dns
nxr230(config-dns)#service enable
nxr230(config-dns)#priority ppp 0 1
nxr230(config-dns)#priority dhcp 2
nxr230(config-dns)#exit
nxr230(config)#fast-forwarding enable
nxr230(config)#exit
nxr230#save config

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxr230(config)#interface ethernet 0
nxr230(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <スタティックルート設定>
nxr230(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

3. <トラック設定(Ping監視)>
nxr230(config)#track 1 ip reachability 10.100.100.1 interface ethernet 1 10 4 delay 61

Ping監視設定をトラックNo.1に登録します。指定回数リトライ後、応答が得られない場合はダウン状態に遷移します。
(☞) インタフェース名を指定した場合は、そのインタフェースのIPアドレスが監視パケットの送信元IPアドレスとなります。
(☞) ディレイは、復旧時(ステータスがアップと認識した場合)から実際にアップ時の動作を実行するまでの遅延時間となります。そしてディレイタイマが動作している場合はダウン状態が維持され、この間もPing監視は行われます。なおディレイタイマ中にダウンイベントを検知した場合は、ディレイタイマはキャンセルされます。そしてディレイタイマがタイムアウトするとアップとなります。このときディレイタイマ中にカウントしたPing監視の失敗回数は0クリアされ、再度Ping監視が開始されます。

 

4. <PPPアカウント設定>
nxr230(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass

ppp0インタフェースで使用するISP接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で利用します。

 

5. <WANバックアップ側(ppp0)インタフェース設定>
nxr230(config)#interface ppp 0
nxr230(config-ppp)#ip address negotiated

ppp0インタフェースのIPアドレスが動的IPアドレスの場合は、negotiatedを設定します。

nxr230(config-ppp)#ip masquerade
nxr230(config-ppp)#ip spi-filter
nxr230(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxr230(config-ppp)#ppp username test1@example.jp

バックアップ回線のISP接続用ユーザIDを設定します。

nxr230(config-ppp)#netevent 1 connect

ネットイベントを設定します。
trackコマンドで指定した監視方式で障害を検知した場合に、実行する動作を指定します。
ここでは、track 1コマンドで指定したPing監視で障害(宛先IPアドレスへの疎通不可)を検知した場合、ppp0インタフェースでPPPoE接続を行います。

 

6. <WANメイン側(ethernet1)インタフェース設定>
nxr230(config)#interface ethernet 1
nxr230(config-if)#ip address dhcp

ethernet1インタフェースのIPアドレスが動的IPアドレスの場合は、dhcpを設定します。

nxr230(config-if)#ip masquerade
nxr230(config-if)#ip spi-filter
nxr230(config-if)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。またTCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

7. <ethernet2インタフェース設定>
nxr230(config)#interface ethernet 2
nxr230(config-if)#no ip address
nxr230(config-if)#pppoe-client ppp 0

PPPoEクライアントとしてppp0インタフェースを使用できるように設定します。

 

8. <システムLED設定>
nxr230(config)#system led aux 1 track 1
nxr230(config)#system led aux 2 interface ppp 0

トラック1のアップ/ダウンをaux1 LEDで、ppp0インタフェースのアップ/ダウンをaux2 LEDで表示するように設定します。

 

9. <DNS設定>
nxr230(config)#dns
nxr230(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

nxr230(config-dns)#priority ppp 0 1
nxr230(config-dns)#priority dhcp 2

DNSサーバの優先度を変更します。
プロバイダ2(ppp0インタフェース)より取得したDNSサーバアドレスを、プロバイダ1(ethernet1インタフェース)より取得したDNSサーバアドレスよりも優先するように設定します。

 

10. <ファストフォワーディングの有効化>
nxr230(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。ファストフォワーディングを設定することによりパケット転送の高速化を行うことができます。
(☞) ファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、NXR,WXRシリーズのユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1
DNS サーバ